こんばんは

カウンセリングって何話せばいいの?疑問に思う方。

何でも思いつくことをお話頂いております。

最近あった事、どうしてもろ過できない想い、何でもお聴かせください。

それを聴くのがカウンセラーです。

どこからともなく湧いてくる想いや気持ちを気兼ねなくそのまま。

気持ちが落ち込んでいる、

頭では分かってても心が付いてこない、

どうしたらいいだろう?

逆に幸せすぎて怖いでも結構です。

 等身大のあなたの言葉受け止めます。

背伸びをすることも、臆することもないですよ。

あなたの言葉があなたを変えるんです。

私たちはお手伝いします。

カウンセリングってそういうものだと私は考えてます。

よくね、「カウンセリングで何が変わるんですか?」と質問されるんです。

これ非常に答えにくい難問(笑)

だって物を売ってる訳でもないし、受けて劇的に何かが変化するわけでもない

話を聴いて頷くのがカウンセリング。

カウンセリングを受けて何かを見出すのはカウンセラーではなくあなた自身なのです。

もちろん何かアドバイスできることがあれば提案しますよ。

提案を実行する・しないの判断を下すのは誰でもなくあなた自身だと思うんです。

一緒に悩んで、あなたが何をしたいのかを見つけて、よりよい方法を探す時間がカウンセリングです。