雨、嫌いじゃない。

 

夕方にしっとりと降って霧かかった薄暗い街を歩くのが好き。

スモッグと霧で視界の悪い19世紀末のロンドンを彷彿とさせる。

 

camerancollage2014_11_02_174813

 

角を曲がるとホームズが革靴をコツンコツンと鳴らし思考を回転させながらながら歩いて来る。

隣を歩くワトスンが「ホームズ、なにを考えているんだ?」と話しかけても返事もせず飄々と歩きすれ違う。

 

 

現実と妄想と日本とロンドンの狭間の時間。