少し高いところから夜景を見る。

 

一つ一つの光の元に誰かが働いていて、

 

一つ一つの光の本に誰かが暮らしてる。

 

もしかしたら、今日は知らない人でも、

 

明日には知ってる人になるのかも知れない灯り。

 

もしかしたら、誰か知り合いの知り合いかもしれない灯り。

 

 

そう思うと、いつもの灯りが一層綺麗に見えてくるのは気のせいなのかな?