56098466
最近、某所にて
「〇〇さーん!〇〇さーん!」と係の人が呼んでいて、
凄い〇〇さん呼ばれてるなーと思ったら、私の正式名称でした。
慣れた頃が怖いというのはこういう事かと思い知った出来事です。

思う事を書かせてください。

昨日は入籍5ヶ月記念日+誕生日でした。

一年と一日前、雰囲気の良いお店でお祝いしてもらい、
「来年の今日、プロポーズするから!」と宣言をされました。

その時は嬉しかったのですが後々から、

どうして一年も待つのかな。
もう待てないと思い、
結果的にその1ヶ月後に今が最初で最後のチャンスだと察し、
ついつい逆プロポーズをしてしまい今に至ります。

今年も雰囲気の良いご飯の美味しいお店でお祝いしてもらいました。

美味しいねと話しながら食べていたら、気付けば一時間半以上経っていました。

二人でこんなにゆっくりとご飯を食べたのは本当に久しぶりでした。

楽しくて嬉しくて美味しくて、ついついお酒が進み、帰り旦那さんがふと

「生まれて来てくれて、出会ってくれて、選んでくれて、結婚してくれてありがとう」と話し始めました。

出逢って好きになった時から結婚しようと思っていたとまじまじと話され、
そうだったのかと嬉しくなりました。

思えば旦那さんと知り合ったのは本当に偶然でした。

偶然も必然だといえばそうかも知れませんが、私の中では偶然としか言いようがない出来事の数々が彼との間に起きていました。

ここ一年半の出来事と、お祝いしてもらったお店での一時間半。

どちらも同じように気が付けばあっという間でした。

酔いが回りご機嫌に話す彼の隣でふと、
私の人生はあっという間に過ぎて行くのだろうなと感慨深くなりました。

楽しければ楽しいほど時間は早く過ぎていきます。
いつかもっともっと歳を取って皺と経験を重ねた末にきっとまた同じ事を考える日が来るのかもしれません。

それまで辛い事、悲しい事、どうしょうもなく歯痒い事が数え切れない程起きると思います。

でも、彼に結婚しよう!!と伝えつつ決心した気持は色褪せぬまま色んな事を積み重ねていきたいと感じました。
人生って、どれだけでも変えようと思えば変えられるのかも知れません。
例え今、牢獄の中にいるような暗く塞がれたような状況でも望めば何かを掴めるのだと思います。

細くても薄くても一筋の光でも差し込んだら…
それは希望なのかも知れません。
そんな事を感じた5ヶ月記念日。

少しでも何かお裾分けできたら…幸せです。