今日も予備校生になって来ました。

 

 

座学から実践のロールプレイをした後にまとめとして同じグループだった人へ
良いと感じたところを全て褒めるというワークがありました。

褒めると言うこと自体は私自身とても好きなことです。

素敵だと感じる事をそのままお伝えするだけなのに、
相手も方も私も周りに居る人もみんなが幸せに感じる。

とても心地の良い気持ちの良いことだと思います。

このワーク、相手の方に称賛の言葉を伝えると言うことは
同じように相手から称賛の言葉が返って来ます。

手紙のようにメモ用紙いっぱいに丁寧な字で書かれたお褒めの言葉を読んで
気恥ずかしく感じました。

こんな風に相手の方は感じていたのかという驚きと
普段気にも留めていなった部分をしっかり見てもらえていたという
くすぐったい感覚が

嬉しさと共にじんわり温かいものが心に広がり、
改めて、褒めたり褒めて頂く事の大切さを身をもって感じました。

「愛してる」と愛を伝える活動?を
野口カウンセラー藤橋カウンセラーとしていますが、
褒め合う活動もしていこうと感じた今日この頃。

ビルの隙間に響く蝉しぐれが一層暑く感じる1日でした。

ac8821442e607a865b166598c64d51db_s