暑さと湿気と満員電車にぐったりとした薄暗い帰り道。

トボトボと歩く道の先にスーツの上着を片手に歩く人の影。

ジメジメと張り付いてくるシャツに嫌気が差し始め、ひたすら下を向いて歩いていました。

十字路に差し掛かり顔を上げると

前を歩く方がイヤホンを耳に付けた瞬間でした。

少しすると心なしか前を歩く人の足取りが軽くなったように見え、

次の十字路で「うっしゃー」と拳を突き上げていました。

彼に何かいい事が起きたのかもしれません。

もしくは、好きな曲が盛り上がりを迎えたのかもしれません。

何があったかは分かりませんが、

クスリと笑え、それまで疲れていた気持ちがどこかへ飛んでいきました。

その日の夜空はいつになく星が綺麗に見えました。

57443145