21238824

誰かの代わりは誰もできない。
その人は世界にたった一人なのだから。

そう感じたのはいつだっただろう?

それから、今の立場でできることを最大限にしよう、と考え始め行動し始めました。

〇〇代わりに~と言われることが、ある意味プレッシャーだったこともあったけど、

それでも笑える日が来ればいい。
明日も笑って過ごそう。

そんな毎日の積み重ねが、今日皆で笑える空間。

一人だけじゃない。

みんながみんな同じことを目指したからあるのでしょう。