fotor_147480871470857_noexif

今度、また今度、と言って遠のいていた場所。

いつか、いつか、と話しながら歩く。

蒼い秋の高い空の下。