41227356

 

久々に会うその方は以前と比べ痩せていらっしゃいました。
お話を伺うとご病気をされたそうですが、病気とともに様々なことから開放されたと言います。

以前はとても固定概念が強く
「べき」「絶対」という言葉を多く発していらっしゃいました。

健康な時はご自身に課せたミッションを無理矢理にでもクリアされていました。

体調を崩された当初、無理が効かず何一つクリアできなくなり歯痒くて苛立たしくて仕方がなかったそうです。

暫くして、ふと自分を苦しめているのは病気ではなく自分自身の固定概念なのではないかと感じたそうです。

縛り付けていた鎖を外して行くにつれて回復をされ、
今では仕事にも復帰され、ほぼ元の生活ができるまでになられたそうです。

久々に会えて嬉しいよと
今まで見た中で1番幸せそうな笑顔を見せて下さいました。