好きだからこそ辞められなくて

好きだからこそ出来ないと悔しくて

その悔しさをバネに何度でも立ち上がる

ここまで必死になれることがあるって

幸せなことだと思います。