家族で父の還暦祝いをしました。

乾杯をしたあとしみじみと

「これで一区切りか。定年まで務めれたことが何よりだと思う」と言った父。

毎日仕事三昧の父が居たからこそ好きな道を歩ませて貰ったのだと今更気付き、

平凡だけれども、
その平凡なことを成し遂げた父を誇らしく感じました。