長い年月をかけて積み重ねられたのでしょう。

それは決して平坦な道のりではなかったはずです。

しかし、苦しいだけの道のりでもなかったのではと思います。

 

次へ次へと楽しんで進まれてきたからこそ、今があるのだと感じることがありました。

そのほんの一片になれていたら・・・とてもとても嬉しいなと思います。