階段を昇りきると真っ赤な夕日がありました。

こんなに綺麗だったんだと

まるで初めて見たかのような感動を味わいました。

きっと、気が付かないだけで毎日が感動に溢れてる。

そんな風に想う夕暮れ時。