真夜中に家を出て一角獣を探しに行ってきました。

彼らの姿は透き通った湖に指す一筋の朝日を浴びる瞬間しか私達の目には見えません。

それはとてもとても美しい光景です。

今年は大きめの一角獣に出会い、交渉して頂いてまいりました。

それがこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

※全て作り話です。

大変美味しく頂きました。