絶対的な時の流れの中で

一体何ができるのだろうか?

 

何でもできそうで、
何もできないけれど、
何とだってなる

 

雨降る夜に考えたこと。