扉をあけると秋の香りがしました.

ふわりと甘い風が夏より背の高くなった空へ舞い上がっていきました.

薄い橙色の風でした.