ずっと前のほんの些細な一言.

流してしまえば良かった言葉.
毎日に埋もれてしまうようなこと.

なのに、忘れられなくて今も心のどこかにある.

「好きだったよね」

そう言って出された思い出.

甘すぎず、柔らかすぎず、ほんのり温かく懐かしい.

連鎖する優しさは、明日もまたどこかで.