「形や大きさが不揃いなだけで、贈答品用に育てられてるから味は良いよ」

そう言って袋いっぱいに林檎を貰いました.

恩師が知り合いの林檎園の方から貰ったそうです.

早速1つ食べてみましたが、言われたようにとても美味しかったです.

 

少し個性的に育っただけで化粧箱に入れなかった子たち.

人はそれを「不良品」「落ちこぼれ」「できそこない」だというけれど、
それでもこうして誰かを幸せな気持ちにできる.

 

聞けば他の林檎たちはジュースやパイやジャムになっていくそうです.

全てが同じステージで脚光を浴びる必要はないと思うんです.
それぞれ違うステージで脚光を浴びればいいんです.

だって、誰にだって同じだけの権利があるのですから.
影を踏みながら生きる必要はないのです.