最近ジャケ借りをした本が良かったので紹介させて下さい。

著者は「東京バンドワゴン」で有名な小路幸也さん

読み終わった後に心がほっこりする作品が多い方だと思います。

 

1冊の本の中でオムニバス形式に続くショートストーリー

日頃、忌み嫌われる貧乏神や死神という存在が優しくほろりとさせてくれます。

 

きっと私たちの気が付かないところで、この作品の様な出来事が起きているのだと思います。

 

 

 

「あなたが読んで元気になった本を一冊紹介してください」(くれたけ#61)