小学生の頃好きだった詩集。

図書館で再会しました。

「てつがくのライオン」や「パリにいきたいくじら」

今も昔も優しく響く言葉が心地いい。