コトコト適量を煮込む

 

昨日、1月11日は犬の日でもありますが、我が家は鏡開きでした.

地域によっては15日にするらしいのですね.
一昨日調べて初めて知りました.

 

小さい頃、祖母が作ってくれるぜんざいが大好きで
毎年この日が待ち遠しくて仕方ありませんでした.

じっくりコトコト煮込まれた甘~いぜんざい.
焼き目が付いてふっくら膨れたお餅.

数年前、小豆を水で薄めて煮ればできるのだと思い
「簡単じゃん」と作ったのですが、祖母の味には遠く及ばず...

調べるとほんの少量の塩を入れて味を引き締めると知り、
少しずつ入れるも何となく違う.

水の量を加減したり、塩を入れるタイミングを変えたり、
お砂糖を足したり、思い当たることを全てしたのですが、
それでもやはりできませんでした.

 

思えば、祖母や母の握るおにぎりと私の握るおにぎりは
同じ塩を使っていてもどことなく味が違います.

きっと、寒い中外で遊んで帰って来る私たちきょうだいを
「まだかな~まだかな~?」と何時間も待っていてくれた
時間や気持ちが煮込まれていたのだと思います.

なので、祖母のぜんざいはどれだけ忠実にレシピをなぞっても
祖母にしかできないのだと感じました.

 

それでも今年は旦那を待ちながら作ったので、
ほんの少しだけ祖母の味に近付けた気がしました.

投稿者プロフィール

横地 里奈くれたけ心理相談室 名古屋南支部 心理カウンセラー
名古屋市南部を中心にルーム・カフェ・訪問・オンラインでカウンセリングを承っております。
言葉になるまでの心の声にも耳を傾けています。

趣味は読書と写真と秘密基地探索。

お気軽にコメントをどうぞ