休日を利用して友人と磐田市香りの博物館

香り物って形状や香りなど色々な種類が出てますが、
「好きな香り=似合う香り」なんだろうか?
という疑問が生まれ、ならば作りに行こう!と今回のおでかけが決まりました。

想像していた感じと少し違いましたが、とりあえず中へ。

 

早速、自分に合った香りの調合体験スタート
まずは約10種類の中から好きな香りを決めます。

上の段は女性向けの香りで下の段は男性向けの香りです。
性別に関係なくどちらから選んでもOK

10種類なんて少ないと思われる方が居るかもしれませんが、迷うんです。
嗅ぎまわっているうちに鼻が効かなくなって来るので
早めに直感で決めてしまった方がいいと思います。
リセット用のコーヒー豆が置いてあり、それが一番好きな香りだったのは笑ってしまいました。

20分近く時間を掛けて最終的に選んだのが、アクティブシトラスの香り
甘くなくスッキリした柑橘系の香りです。

 

次にPCでイメージテストをします。
顔の輪郭や体型、今後なりたいイメージ等の質問に答えていきます。
全質問に答えると調合の割合が印刷されて出てきます。

調合指示書に従って左の瓶から順番にスポイトで吸って合わせていきます。

トップノートは最初に自分で選んだ香り
ミドルノートとラストノートはPCの診断結果で出たものです。

下の小瓶が私に合った香りらしいです。

トップノートがシトラス系の香りでラストに向かってウッド系の香りに変化していきます。
今までウッド系の香りを付けた事がなかったので新しい発見です。

友人2人のを嗅がせて貰ったのですが、イメージ通り
1人は甘いフローラル系、もう1人はスポーティー系でした。
2人とも想像とは少し違ったけれど好きな香りが作れて満足していました。

 

今はこの香りが似合うけれど
あと数年して環境や状況、心境の変化があるともっと違う香りになると思います。

なりたい自分と今の自分。
理想と現実がイコールで繋がるのは難しいですが、
まずは今の自分が好きかどうか?が大切なのだと思います。

香りの視点からもう一度自分を見つめ直させて貰いました。