日曜日にお休みを頂いて家族で京都に行ってまいりました。

七五三の日と被っていたので、京都中どこへ行っても着物の人で溢れてました。

 

京都といえばやっぱりここ 伏見稲荷さん。

相変わらず狐さんがキョンって立ってて可愛い。凛々しい。

1

 

京都に行くたびに「お陰さまでお仕事、順調にいってます」と手を合わせるのが恒例です。

お願いごとばっかり聴いてたら狐さん耳伏せちゃうと思うので、お礼だけ。

 

お礼参りの後は、銀閣寺へ。

4

 

後ろに小さく写ってるのが銀閣寺。

もみじが綺麗に赤く染まってました。

人が多くてどこから撮っても写りこんでしまうので、遠目から。

拾ったもみじは栞に。

3

相変わらずお庭が綺麗です。

もみじを回収せず落ちたそのままなのが風流。

5

銀閣寺の裏を流れる小川にも紅葉。

「秋ですね~」と近くにいたおじいさんと一緒にパシャパシャ。

DSC02018

哲学の道も歩いてきました。

「哲学とはなにか」「人とはなにか」と話しつつ歩く仲の良いご夫婦。

DSC02013

きっと今までもこれからも仲良く手をつないで歩まれていらっしゃるのだと・・・思わずシャッターを押してました。

京都で撮った写真の中で1番好きなショットです。

他にもたくさん撮ったのですが、それはまたおいおい。

ブログのイメージ写真として載せていきます。

 

丸1日家族と自由に京都を堪能してきました。

どこにカメラを向けても絵になる街、京都。

だからこそ何度行っても飽きることがないのだと思います。

 

時間的に余裕はありませんでしたが、

撮りたいものを撮り、感じたことを1つ1つ受け止め、いろんな人と話し、学ぶ。

また梅の咲く頃に行こうと計画中です。