愛車のロビンのバッテリーが切れました。

ロードサービスをお願いして、次の日にバッテリーの交換をしてもらいました。

もう、随分と傷んでいたらしいです。

 

オプションで無料下取り査定をしてもらいました。

査定額は0円。

わかっていたことなので、少しもがっかりはしませんでした。

むしろ、相棒のロビンはプライスレスななのだと・・・愛おしさが増しました。

 

ロビンは誰にもお譲りするつもりはありません。

大切に大切にロビンの最後を見届けたいと感じて、相棒になってもらいました。

人生初のマイカーだからかもしれませんし、

前のオーナーさんが大切にされていた跡が残っていたからかも知れません。

ただ単に車というものが好きだからかもしれません。

 

実はあと数日でロビンと出会って1年記念日。

ドライバーとして未熟な私に呆れず運転する楽しさを教えてくれたロビン。

褒めながら乗るとちょっと燃費が良くなるロビン。

洗車してワックスをかけるといつもよりスピードの乗りが良くなるロビン。

ボロいとか、古いとか言われる時もありますが、プライスレスな存在。

最高の相棒。

 

初めて一緒に年を越す記念に、ずっと欲しかったハンドルカバーと、カーフレグランスを買って、

明日お正月の飾りと一緒に付ける予定です。

また来年もロビンと一緒に幸せを運ぶお手伝いの日々が続きそうです。

 

camerancollage2014_12_30_212044