先日、

おんし

で書かせて頂いた先生とご飯に行ってきました。

かれこれ十数年ぶりの再会を果たしたわけで、

当たり前な事ですが、自分が大きくなれば先生も同じだけの時間を過ごしているわけで・・・

「あぁ・・・こういうことが時を重ねるっていうんだ」と

膝を痛め杖をついて歩く先生を見て、時間の流れを強く感じました。

でも、話し始めると思い出の中の先生そのものでした。

今になって判明した事実も多く、数時間ずっと驚きと笑いで溢れていました。

こうして大人になってから学校の先生に逢いたいと思い

実際連絡を取り合って休日に時間を割いてくれる先生が居るって恵まれてるなとつくづく感じました。

お酒の力があってか先生はずっと

「君たちのクラスを受け持っていた時が一番楽しかった」と何度も繰り返し

「わたしも先生のクラスが一番楽しかった」と繰り返す。
あ・・・私はお酒の力なんて関係なく本心ですけどね(笑)

楽しい時間はあっという間で、気が付けば5時間も話し込んでいました。

Fotor_146094165008922

 

先生を駅まで送り、頂いた紙袋を開けるといろんな思いがこみ上げてきました。

先生の撮った写真がカレンダーやカードになったものや旅行のお土産が入っていたのですが、

写真に添えられた言葉が小学生のころから掛けられ続けていたものでした。

小学生のころから周りとリズムが合わずのんびりだった私。

「飲み込みが悪い子」とか「要領の悪い子」だと様々な先生から評価をされてきました。

でも、先生は「マイペース」の「大器晩成型」だと言ってじっくりゆっくり見ていてくれました。

最近も周りとのリズムが合わず、要領悪いな~と感じていた所に頂いた言葉。

またもう一度ゆっくりでものんびりでも真っ直ぐ歩いてみようと思い直したできごと。

 

次は一緒にどこかへ撮影会へ行く予定?です。