たまには個人的に面白かった話を。

 

片仮名が苦手です。
学生の頃の世界史のテストは本当に大変でした。
どうしてこんなにややこしい名前を付けるんだろう?と
常に片仮名の羅列と闘っていました。
歴史のあらすじは物語のように覚えていても
登場人物の名前は何となくニュアンスでしか覚えていませんでした。

なので、毎回私の答案用紙は珍回答で埋め尽くされていました。
先生からは「今回もお腹が痛くなったよ」と言われていました。

そう言えば皆さんこのジャガイモの品種名を知っていますか?

24481_listImage

黄金のジャガイモと呼ばれる「インカのめざめ」というらしいです。
先日旦那さんの実家から野菜をどっさり頂いた中に入っていたんです。

今までジャガイモの品種は「男爵」か「メイクイーン」しか知らなかったので
妙に農産物に関して詳しい旦那さんから教えて貰った時にちょっとした衝撃を受けました。

何て面白そうな名前なんだ・・・と。

「インカのめざめ」食べてみたーいと感じつつ、
スーパーで買ったのが残っていたので先にスーパーのジャガイモから消費。
意外とジャガイモを使わず、名前を教えて貰ってから10日程経っていました。

それだけの時間があれば私の記憶の中にはニュアンスしか残っていません。
なんとな~くこんな感じ。で処理される都合のいい脳。

先日、頂いたジャガイモを使っていざ旦那さんに
あのジャガイモを使ったんだよと言おうとした瞬間。
全く名前が出てこない・・・しゃくしゃくとご飯を食べ進める旦那さんを見つつ
ぱっと思い出したのが・・・

「アステカの呪い」

その日から我が家ではこのジャガイモをそう呼ぶことになりました。