変化をしてもしなくても
ずっとそこに在り続けることは
とても偉大なことのように思います。

例えもうそこに無くなってしまっても
ずっと在り続けたということは

いつまで経っても変わらず
在り続けるのだとも思います。