子どもと二人で買い物に行きました。

ベビーカートに子どもを乗せてエレベーターを待っていると
後ろから車いすの方がいらっしゃいました。

エレベーターが到着し扉が開き、中には杖をついたご夫婦と
私と同じようにベビーカートを押したご夫婦が乗っていました。

誰が指示した訳でもないのに
お子さん連れのご主人が扉を開けるボタンを押し、
老夫婦が「ありがとう」と言いながら降り、あうんの呼吸で奥さんが降りられました。

「ありがとうございます」「いえいえ」と言いながらご主人と交代し
車いすの方に「どうぞ」とお声掛け。

「ありがとうございます」と言われ扉を閉める。

静かに動き始めたエレベーターの中で子どもが嬉しそうに声を上げ、車いすの方と頬笑みました。

 

「ありがとう」が交差する空間は優しさで満ち溢れて、誰かがニッコリ笑う。

今日私が感じた幸せな瞬間です。