辛いことや悲しいことがあって、どんなに心が沈んでいても
お腹が空いたり、眠たくなったりします。

心の声に耳を傾けるのも大切ですが、
身体の声にも忠実になればいいと思います。

 

身体は常に生きる方向へ動き続けています。

それは、ネガティブでもポジティブでもなくニュートラルなのです。