その時は急にやってくる
なんの前触れもなく

理解とか受容とかではなく、インクの染みが広がるように
じわりじわりと府に落ちていく
あぁ、そうなのかと。

想いながら踏み出せてしまうのです。