だから愛おしい

 

 

タイセツを喪ってあいた寂しさの穴は
きっとずっと埋まらない

どれだけ時間が経っても
塞がらないまま残ってる

乗り越えるとか
忘れ去るとか
風化するとか
そんなことはきっとない

事あるごとに思い出して
懐かしさと寂しさを交互に感じ
後悔が押し寄せてくる

会いたいと願い
例え夢でもいいからと眠りにつく

遠い宇宙の彼方に気配を感じながら
思い出の波にゆらゆら揺れる

投稿者プロフィール

横地 里奈くれたけ心理相談室 名古屋南支部 心理カウンセラー
名古屋市南部を中心にルーム・カフェ・訪問・オンラインでカウンセリングを承っております。
言葉になるまでの心の声にも耳を傾けています。

趣味は読書と写真と秘密基地探索。

お気軽にコメントをどうぞ

前の記事

夏の忘れ物

次の記事

水輪