「できません」と言ってしまえば済むのかもしれない。

「他の方法を模索してみます」といえば大怪我しなくてもいいのかもしれない。

 

本当に、果たして、それでいいの?

頼んだ人はきっとあなただからお願いをしてきたんじゃないかな?

 

無理を承知で頼んだことだったとしてもね。

それでも、1度やってみるだけやってみたらどうだろうか?

「できません」と言うのと「できませんでした」と言うのでは、

相手にとっても自分にとっても、全く違う意味を持った謝罪の言葉になるんじゃないかな?

 

チャレンジできるチャンスがあるなら、そのチャンスに1度は乗ってみよう。

頭では「絶対にできない」と思っていたことも、やってみたら案外できちゃうかも知れない。

頼まれたことと近いことができるなら、一番近いところまでやってみようよ。

一人では・・・と思ったら協力してもらえばいいんじゃないかな?

 

「できません」と白旗を振る前に、「1度やらせてください」と言ってみるのも手なのかもね。

前に誰かが言ってた。

「頼まれごとは試されごと」だって。

ここは1つ試されてみるのもいいんじゃないかな?

 

努力した経験は必ずあなたの力になる。

チャレンジした経験は次のあなたの糧になる。

 

そう自分を信じて。

 

35306160_480x319