人は助けてくれるか分からないけど
本は必ず助けてくれる
10代の頃ずっと思っていたこと

助けの求め方を本は教えてくれる
方法は1つじゃない
20代の頃に気がついたこと

30代の最近は
少しの間だけ作者と世界を共有して
他に共有できる人が居ないか探してみると
思わぬところで世界が繋がる

世代によって読み方が変わる
同じ本を何度も読み返してぐっとくる所が違ってくるから好きな本は一生ものになる

もし、本に救いを求めて読んでたら…

きっとどこかに糸が垂れ下がってると信じて
見つけたら躊躇なく掴んで上がろう
下から上がってくる人たちと一緒に

投稿者プロフィール

横地 里奈くれたけ心理相談室 名古屋南支部 心理カウンセラー
名古屋市南部を中心にルーム・カフェ・訪問・オンラインでカウンセリングを承っております。
言葉になるまでの心の声にも耳を傾けています。

趣味は読書と写真と秘密基地探索。

お気軽にコメントをどうぞ

前の記事

4歳