カナブン

近所の子どもたちに混ざってブランコを漕いだ

体温より低い風と一緒に前後に揺れて
公園の木々がいつもより近くなって
ざざざぁーっと風が走っていった

どれもこれも
持っていたかったのを
少しだけ持つことにした

そんなもんさと
カナブンが通りすぎていった

投稿者プロフィール

横地 里奈くれたけ心理相談室 名古屋南支部 心理カウンセラー
名古屋市南部を中心にルーム・カフェ・訪問・オンラインでカウンセリングを承っております。
言葉になるまでの心の声にも耳を傾けています。

趣味は読書と写真と秘密基地探索。

お気軽にコメントをどうぞ